紫光会活動日記

立教大学体育会剣道部紫光会活動日誌

5月15日(日)昇段ならびに県代表選抜のニュース

 去る、5月15日(日)に2件のうれしいご連絡がありましたので、お知らせいたします。愛知県で行われた六段審査会において、後藤 寛先輩(平成8年卒)がみごと六段に合格されました。おめでとうございます。

 さらに、同日に行われた鳥取県の国体選手選出の大会において、藤野 眞樹先輩(平成10年卒)が副将の部で勝ち上がり、鳥取県国体代表選手に選抜されました。藤野先輩は、会社の転勤により鳥取へ赴任中です。たいへんおめでとうございます。ぜひ、本大会で頑張ってください。

 ご両人とも、日頃から稽古を継続された結果の成果と思います。これからのさらなるご活躍を祈念しております。おめでとうございました!!

第54回関東女子学生剣道選手権大会 全日本出場ならず

 本日、5月14日(土)東京武道館にて第54回関東女子剣道選手権大会が開催されました。立教大学からは、4年相馬、福居、植木、3年松木、2年大西、倉田、工藤、鈴木、

1年梅澤の9名が出場しました。1回戦で長い延長の末倉田、相馬、松木の3名が惜しくも敗退し、2回戦では、工藤、鈴木、植木が涙を飲みました。

 

 3回戦へ出場したのは、大西、梅澤、福居の3名。福居は優勝した中大諸岡選手と対戦。思い切って攻めましたが、ここで敗退となりました。大西、梅澤は延長の末勝ち上がり4回戦へ進出。全日本出場をかけた対戦でした。大西は延長で明大筒井選手にメンを取られ敗退。梅澤は、長い延長の試合となりましたが、こちらも最後に法政大松下選手にメンに飛び込まれ敗退。残念ながら、今年の女子は全日本出場を果たすことができませんでした。

 関東からの出場枠は28名であり狭き門ではありますが、あと一歩で男女ともに全日本出場が果たせず残念です。今日の試合を糧に一人ひとりの課題を認識し、今後の大会および秋の団体戦に向けて、更なる精進を積んでチームとしてまとまり、勝利を掴めるように稽古に励んでもらいたいと思います。

5月14日(土)第54回関東女子学生剣道選手権大会 9名が出場!!

 明日の土曜日、東京武道館にて第54回関東女子学生剣道選手権大会が開催されます。立教大学からは、4年相馬、福井、植木、3年松木、2年大西、工藤、倉田、鈴木、
1年梅澤の9名が出場します。今大会も無観客試合で行われますので会場へは応援に行けませんが、WEB配信は行われますのでそちらで応援の程よろしくお願いいたします。

 8日は男子の山平、淡路が全日本出場を決めてくれましたので、女子も一人でも多く追随して全日本出場を果たしてくれればと思います。男子より全日本への出場人数は少ないため、狭き門となりますが頑張ってくれると思います。試合は、午前の部(9:50開始)、午後の部(12:50開始)に分かれて5回戦まで行われます。

 明日の女子の活躍を楽しみにしています!!

淡路、山平(ベスト16)の2名が全日本学生剣道選手権大会の出場権獲得!!

 5月8日(日)本日、第68回関東学生剣道選手権大会が日本武道館にて開催されました。立教大学からは4年2名・3年4名の6名が出場しました。1回戦は、3年大埜、4年加藤が残念ながら延長の末敗退となりましたが、4年久保田、3年淡路、細渕、山平の4名が勝ち抜き2回戦へ進みました。


 2回戦では、細渕が優勢に試合をすすめるも、延長でコテをメンに返しましたがコテに2本上がり、惜しい試合を落としました。久保田、淡路、山平は順調に勝ち進みました。全日本選手権大会の出場権がかかる3回戦、久保田は、筑波大の強豪大平と対戦。試合時間後半に引き面と引き小手の打ち合いで引き面の大平に旗が上がり、そのまま時間切れで惜しくも敗退となりました。淡路、山平は、試合は延長となるものの、最後はメンを取りきって出場枠60名に入ることができました。

 出場権を獲得した勢いで4回戦、淡路は筑波大阿部と対戦。1本目は下がった所を連続でメンを取られましたが、2本目開始早々に相手のコテ返しメンですぐに返す。延長まで五分の攻防でしたが、面に出た所を返しドウを取られ敗退となりました。しかし、今日は積極的な試合を展開してくれたと思います。

 山平は、ここまですべてが延長の試合。4回戦も延長となりましたが、落ち着いて試合をすすめてきました。4回戦も國學院野口をメンで勝利しました。

続く5回戦は日体大時村と対戦。この試合も相手の内を見切ってメンに返し一本勝ち。

6回戦は、第一試合場のコート決勝です。平成国際大の山田選手と対決。延長に入り一瞬居着いた所にメンを打たれ、残念ながらここで敗退ですが、ベスト16に入ることができました。

4年生の出場は叶いませんでしたが、3年淡路、山平には、7月に日本武道館で行われる全日本学生選手権大会で立教を代表して大いに活躍していただきたいと思います。

選手の皆さんお疲れ様でした。

 

第68回関東学生選手権大会 6名が出場!!

 5月8日(日)に日本武道館にて、関東男子個人戦が開催されます。立教大学からは、4年久保田、加藤、3年淡路、大埜、細渕、山平の6名が代表で出場します。ぜひとも、勝ち上げって全日本学生選手権大会の出場切符を手にしてもらいたいものです。

今回も残念ながら、無観客試合となるため会場での応援はできませんが、ネットで観戦できますので応援の程よろしくお願いいたします。

 

高校選抜大会女子優勝 監督 澤田武秀先輩

   情報展開が遅くなりました。去る3月26~28日に開催されました、全国高等学校選抜大会におきまして、女子は熊本県八代白百合学園高校が、2006年以来5度目の優勝を果たされました。現在、監督を務めているのが平成30年卒業の澤田武秀先輩(写真一番左)です。本学剣道部初の高校全国大会優勝監督となりました。写真を送付していただきましたので、遅くなりましたがご紹介させていただきます。

澤田先輩優勝おめでとうございました。

 また、神奈川県男子代表で出場した桐光学園高校が13年ぶりの出場で初のベスト8に進出されましたが、こちらも平成7年卒業の渡邊修先輩が監督として出場されました。入賞おめでとうございます。

 本学剣道部を卒業して、中学・高校の教員となる先輩も多くなってきました。その中で全国大会で監督を担う先輩が出てくることは、非常にうれしく思いますし、他の教員となった先輩方の励みにもなることと思います。中学生、高校生と立教大学剣道部との関わりが増えることもうれしい限りです。機会がありましたら、ぜひ学生を引率して大学の稽古にも来ていただければと思います。

 

第70回全日本都道府県対抗剣道優勝大会 松下先輩出場

4月29日(金)大阪にて開催された都道府県大会に群馬県代表の五将で松下先輩が出場されました。引きドウで先に一本をとりましたがメンを返され、その後に惜しい諸手突きを放ちましたが旗は上がらず引き分けとなりました。群馬県代表として立派な試合を展開してくれました。